加齢と共に疲れ目を感じ始めた50代女性の写真若いときは、あまり目が疲れたりということはなかったのですが、加齢と共に目が疲れるようになりました。パソコンなどで起こる目の疲れが多いのですが、だんだんと、目が痛くなり、画面を長時間見ることができなくなります。

チカチカしてくる感じです。

本も最近は長時間読むことができないことが多いです。

以前より目が乾いてきたように思います。いわゆるドライアイという状態になっていると思います。

そうならないように、自分ではパソコンを見るときに、瞬きを意識してするように心掛けているつもりだったのですが、効果がなかったようです。

また、日常的にメガネをかけています。度がきついと目に負担がかかると思って、0.9くらいの度数のメガネを5年くらいかけているのですが、見づらい感じで余計に目に負担がかかり、疲れているように感じます。

夜になると特に見えづらくて、夜盲症に近いのかと思ったりします。

目の疲れに対する対処法ですが、早めに寝ることを心掛けています。また、目を温めるのも気持ちが良いので、タオルを温めて瞼の上に乗せてみたりします。いわゆる、ホットマスクというものです。

また、目に良い食物として、ビタミAを含む緑黄色野菜、にんじん、かぼちゃ、ニラをなるべく食べたり、チーズ、たまごなどを意識的に摂取したりしています。

ビタミンCも、ストレスから来る目の疲れや目の充血を防ぐようなので、アセロラジュースを飲んだり、果物を出来るだけ食べたりしています。

また、目の疲れにすごく効果があると言われているものに、アントシアニンというものが良く知られています。視覚効果を改善する効果があるようなんですが、ベリー類によく含まれているようです。

私はブルーベリー、カシスなどが好きでヨーグルトにかけたり、ブルーベリーティーにしたりして楽しんでいます。

今まで、ブルーベリーのサプリメント状の物は、摂取したことはないのですが、一度試してみたいなと最近思っています。

目を強くして、これからも楽しい毎日を送りたいと願っています。